イルミナティ☠勢によるフランス革命とかの扇動の方針って知ってる?(2/2)


関連記事 ⇒ ILLUMINATI☠'s POLICY for the FRENCH Revolution

関連記事 ⇒ イルミナティ☠勢によるフランス革命とかの扇動の方針って知ってる?(1/2)

関連記事 ⇒ 創価学会解散に向けて文化庁,東京地検等にお願いしたよ



[追記]

(次のYouTube動画にMicky TheMiracleでコメント。4/1/2017 10:48 AM

YouTubeチャンネル: KSM WORLD NEWS

動画: 【KSM】KSM歴史講座 天皇陛下を説明できる日本人になろう)

https://youtu.be/fca6Q5PJuPI


Micky TheMiracle

今上陛下についてはともかく,昭和天皇については,KSMさんは完全に認識を誤ってるよ。


昭和天皇は,仮に戦後に多少は反省するところがあったとしても,基本的にいって,

次のGoogleドキュメントの1に示す通り,イルミナティの手先として先の大戦を戦ったんだよ。

https://drive.google.com/file/d/0B0rIu6IydH1qRy1QWjgwWWZEZG8/view?usp=sharing




それを誤魔化したままでは,日本の真の自立はあり得ないよ。


日本国内で日本人により作成された資料を検討しているだけだと,

KSMさんが洗脳から解かれることがないような気もするね。


例えば,フランス革命の扇動がどうあったかとか検討してみると,

それは,そのイルミナティ洗脳からの解放への機縁になる可能性はあるね。


上のGoogleドキュメントの3(2)とか,次のブログ記事を参考にしてほしいんだけどね。

http://mickythemiracle.seesaa.net/article/448616707.html

http://mickythemiracle.seesaa.net/article/448616746.html


KSMさんのいう「真実を追究する」が虚偽にならないように,

イルミナティ陰謀についてもしっかり追究してほしいんだけどね。









[以下,本文]


11. He next expounded his theories regarding war.

In 1773

  he set down a principle

    which the governments of Britain and the United States

    publicly announced as their joint policy in 1939.

He said

  it should be the policy of those present

    to foment wars

      but to direct the peace conferences

      so that neither of the combatants obtained territorial gains.

He said

  the wars should be directed

    so that the nations engaged on both sides

      would be placed further in their debt, and in the power of 'Our' Agenturs.

(11. 次に,講演者は,戦争に関する彼の理論を解説した。

1773年,彼は,ある根本方針を規定したが,

これは,1939年に,イギリス政府とアメリカ政府がそれらの共同政策として公式発表したものである。

彼が言うには,

和平会議を指揮することでなく,戦争を扇動することが,出席者の政策であるべきで,

この政策によって,どちら側の争いの当事者も,領土拡大を得ることはないことになる。

彼が言うには,

双方の交戦国にとって,負債と「我々の」工作員の支配力とが増すように,

戦争は指揮されるべきである。)

12. He next dealt with administration.

He told those present that

  they must use their wealth to have candidates chosen for public office

  who would be "servile and obedient to our commands,

    so they may readily be used as Pawns in our game

      by the learned and genius men

        we will appoint to operate behind the scenes of government

        as official advisers."

He added

  "The men we appoint as 'Advisers' will have been

    bred, reared, and trained from childhood

      in accordance with our ideas to rule the affairs of the whole world."

(12. 次に,講演者は政府を扱った。

彼が出席者に対して告げるには,

彼らは,彼らの富を,官公庁のポストに選出される候補者らを抱えるために使わなければならず,

そうすると,それら候補者らは,奴隷根性で従順に,我々の命令に従うであろうから,

候補者らは,学識ある天才によって,たやすく我々のゲームの駒として用いられることになる。

この学識ある天才とは,

我々が,公のアドバイザーとして,政府の裏舞台で仕事をするよう指名した者らをいう。

彼は次の通り言い足した。

「我々が『アドバイザー』として指名した者らは,

子どもの頃から,全世界の事件を支配するための我々の考えに従って,

養育され,しつけられ,養成されていくであろう。」)

13. He dealt with propaganda,

  and explained how their combined wealth could control all outlets of public information

    while they remained in the shade and clear of blame

      regardless of what the repercussions might be

        due to the publication of libels, slanders, or untruths.

The speaker said

  "Thanks to the Press

    we have got gold in our hands

      notwithstanding the fact that

        we had to gather it out of the oceans of blood and tears...

  But it has paid us

    even though we have sacrificed many of our own people.

  Each victim on our side is worth a thousand Goyim."

(13. 講演者は,プロバガンダを扱い,

説明の中で,どうやって,彼らの合同された富が,公衆情報のすべての出口を統制することができたかを述べた。

とは言え,侮辱や中傷,虚偽の出版が行われた結果としてその反響がどうなるかにかかわらず,

彼らは,陰にいて,非難に対し潔白でい続けたとした。

講演者は次の通り言った。

「報道陣のおかげで,我々は富を手中に収めてきた。

我々が血と涙との大洋から富をかき集めなければならなかったという事実にもかかわらずである。

我々は我々自身の民の多くを犠牲にしてきたというのに,

報道陣は我々に利益を与えてきたのである。

我々の側の犠牲者の各々は,1000人のゴイムに値する。」)

14. He next explained the necessity of having their 'Agentur'

  always come out into the open,

  and appear on the scene,

  when conditions had reached their lowest ebb, and

    the masses had been subjugated

      by means of want and terror.

He pointed out that

  when it was time to restore order

    they should do it in such a way that

      the victims would believe

        they had been the prey of criminals and irresponsibles.

He said

  "By executing the criminals and lunatics

    after they have carried out our preconceived 'reign of terror',

    we can make ourselves appear

      as the saviors of the oppressed, and the champions of the workers."

The speaker then added

  "We are interested in just the opposite...

    in the diminution, the killing out of the Goyim."

(14. 次に,講演者は,次の必要性を説明した。

すなわち,彼らの「工作員」を,

常に明るみに出しておかなければならず,

また,その工作員を,

情勢が彼らの最も衰退した状態に達し,庶民が,貧困と恐怖とが用いられ服従したときには,

その現場に現れさせなければならない。

彼が指摘するには,

秩序を回復すべき時機になったら,

彼らは,その秩序回復を行うにあたって,

犠牲者らに,犠牲者らは犯罪者と無責任な者との餌食になったと信じ込ませるべきである。

彼は次の通り言った。

「犯罪者と狂人とが我々の予想した「恐怖政治」を実行したあとに,彼らを処刑することによって,

我々は,抑圧された者らの救い主として,また,労働者らの擁護者として姿を現すことができる。」

続いて,講演者が言い足すには,

「我々は,まったく正反対のこと,つまり,ゴイムの減少,皆殺しに関心がある。」)

15. He next explained

  how industrial depressions and financial panics

    could be brought about and used to serve their purpose

    saying

      "Enforced unemployment and hunger,

        imposed on the masses

        because of the power we have to create shortages of food,

          will create the right of Capital to rule more surely

              than it was given to the real aristocracy, and

              by the legal authority of Kings."

He claimed that

  by having their agentur control the 'Mob',

  the 'Mob' could then be used to wipe out all

    who dared to stand in their way.

(15. 次に,講演者が説明したことは,

どうやって,産業不況と財政恐慌とがもたらされるか,また,彼らの目的に役立つよう用いられてきたかである。

彼がこの説明の中で言うには,

「庶民に課された強制的な失業と,飢えとであって,

食糧不足を引き起こすための我々が有する支配力によるものは,

資本による統治の権力を,

その権力が,実在する貴族へと国王の法律上の権限により与えられるものよりも,

より確かなものとして生み出す。」

彼は次のように主張した。

彼らの工作員に,「群衆」を統制させることによって,

「群集」は,彼らの前に,敢えて立ちふさがるすべての者らを一掃するために使われることになろう。)

16. The infiltration into continental Freemasonry was next discussed extensively.

The speaker stated that

  their purpose would be to take advantage of the facilities and secrecy

    Freemasonry had to offer.

He pointed out that

  they could organize their own Grand Orient Lodges within Blue Freemasonry

    in order to

      carry on their subversive activities and

      hide the true nature of their work

        under the cloak of philanthropy.

He stated that

  all members initiated into their Grand Orient Lodges

    should be used

      for proselytizing purposes and

      for spreading their atheistic- materialistic ideology amongst the Goyim.

He ended this phase of the discussion with the words.

"When the hour strikes for our sovereign Lord of all the World to be crowned

  these same hands will sweep away everything that might stand in his way."

(16. 次に,ヨーロッパ大陸のフリーメイソン組織への浸透が広く検討された。

講演者が述べるには,

彼らの目的は,フリーメイソン組織が提供しなければならなかった施設と秘密とを利用することになるだろう。

彼が指摘するには,

彼らは,ブルー・フリーメイソン組織の中で,彼ら自身のグランド・オリエント・ロッジを組織することができたのであり,

その組織は,破壊活動を続けつつ,慈善の仮面の裏に,彼らの働きの本質を隠すためのものである。

彼が述べるには,

彼らのグランド・オリエント・ロッジに入会した全メンバーは,

改宗させる意図を持ちつつ,ゴイムの間に,無神唯物志向の観念を広めるために使われるべきものである。

彼は,次の言葉で,この段の検討を結んだ。

「我々の全世界の大君が王位につかせられる重大な時が来ると,

同じその王位につかせた支配勢力は,大君の妨害をするであろうものを何であれ一掃するだろう。」)

17. He next expounded the value of systematic deceptions,

  pointing out that

    their agentur should be trained

      in the use of high sounding phrases,

      and the use of popular slogans.

They should make the masses the most lavish of promises.

He observed

  "The opposite of what has been promised

    can always be done afterwards...

      that is of no consequence."

He reasoned that

  by using such words as Freedom and Liberty,

  the Goyim could be stirred up to such a pitch of patriotic fervor

    that they could be made to fight even against the laws of God, and Nature.

He added

  "And for this reason

    after we obtain control

    the very NAME OF GOD will be erased from the 'Lexicon of life'." 

(17. 次に,講演者は,組織的詐欺の意義を解説し,

その中で指摘するには,

彼らの工作員は,大げさな言葉遣いをするよう,また通俗なスローガンを使うよう養成されるべきだ。

彼らは,庶民らに,約束することを惜しまないようにさせるべきだ。

彼は次の通り言った。

「約束されたのとは正反対のことが,常に,そののちになされる可能性があり,

そのことは,大事ではない。」

彼が論じるには,

ゴイムは,自由や解放といった言葉を使うことによって,愛国的な熱情へと扇動され,

その熱情の度合いは,ゴイムが神の法や自然法とさえ戦わせられるほどになるであろう。

彼は次の通り言い足した。

「そして,このような理由によって,

我々が統制を確立した後には,

まさしく神のみ名が「人生の辞書」から削除されるであろう。」)

18. He then detailed the plans

  for revolutionary war;

  the art of street fighting;

  and outlined the pattern

    for the 'Reign of Terror'

    which he insisted must accompany every revolutionary effort

    "Because it is the most economical way

      to bring the population to speedy subjection."

(18. 続いて,講演者は,革命闘争の計画,ストリートファイトの手法を詳しく述べ,

また,「恐怖政治」のパターンを概説した。

彼が主張するには,恐怖政治には,革命のあらゆる努力を伴わせなければならず,

「なぜなら,人々を迅速に服従させることが,最も経済的な方法だからである。」)

19. Diplomacy was next discussed.

After all wars

  secret diplomacy must be insisted upon

    "in order that

      our agentur,

        masquerading as 'political', 'Financial', and 'Economic' advisers,

        can carry out our mandates

        without fear of exposing

        who are 'The Secret Power' behind national and international affairs."

The speaker then told those present that

  by secret diplomacy

    they must obtain such control

      "that the nations cannot come to even an inconsiderable private agreement

        without our secret agents having a hand in it."

(19. 次に,外交が検討された。

すべての戦争ののちに,秘密外交が主張されねばならない。

「我々の工作員は,『政治的』,『財政的』,『経済的』なアドバイザーのふりをしているものであるが,

秘密外交の目的は,

誰が国家的なまた国際的な事件の裏にいる『秘密の実力者』であるか暴露される恐れなしに,

工作員らによる我々の命令の実行を可能にすることである。」

続いて,講演者が出席者に告げるには,

秘密外交によって,彼らは,国々の統制を確立して,

「我々の秘密のエージェントが,とるに足らない非公開の協定に参加することなしには,

国々がその協定さえ結ぶことができないようにしなければならない。」)

20. Ultimate World Government the goal.

To reach this goal

  the speaker told them

    "It will be necessary to establish

      huge monopolies,

      reservoirs of such colossal riches,

        that even the largest fortunes of the Goyim

          will depend on us

            to such an extent

              that they will go to the bottom

                together with the credit of their governments

                ON THE DAY AFTER THE GREAT POLITICAL SMASH."

The speaker then added

  "You gentlemen here present

    who are economists

      just strike an estimate of the significance of this combination."

(20. 究極の世界政府が目標。

この目標を達するためにとして,講演者が出席者に告げるには,

「巨大なモノポリー,すなわち並外れた富の蓄積を成立させることが必要となろう。

どれほどの富かといえば,ゴイムのうちでの最も多額の財産でさえも我々に左右されるほどであり,

さらに,その左右される度合いはといえば,

崇高な政治的大成功のあとの日には,彼らは,彼らの政府の信用とともに沈んでいくであろうほどである。」

続いて,講演者は次の通り言い足した。

「経済学者であるここに出席の貴方方諸君は,

ただ,このモノポリーの連合体の有効係数につき見積り値を算出するだけである。」)

21. Economic war.

Plans to rob the Goyim of their landed properties and industries were then discussed.

A combination of high taxes, and unfair competition

  was advocated to bring about the economic ruin of the Goyim

  as far as their national financial interests and investments were concerned.

In the international field

  he felt they could be encouraged to price themselves out of the markets.

This could be achieved

  by the careful control of raw materials,

    organized agitation amongst the workers for shorter hours and higher pay, and

  by subsidizing competitors.

The speaker warned his co-conspirators that

  they must arrange matters, and control conditions,

  so that "the increased wages obtained by the workers

    will not benefit them in any way."

(21. 経済戦争。

続いて,ゴイムから彼らの不動産と産業とを奪う計画が検討された。

彼らの国の財政上の利益と投資とに関する限りで,

ゴイムの経済的破滅をもたらすために,

高い税金と,不公平な競争との取り合わせが唱えられた。

国際分野で,彼が感じたのは,

彼らが,相場によらず,彼ら自身の値を付けたくなることだった。

このような破滅は,次の2つのことにより達せられる。

すなわち,素材に対する慎重な統制,つまり,労働者の間での時短・高給への組織立った扇動と,

競争者に助成金を出すこととによってである。

講演者は,彼の共謀者に次のように警告した。

「労働者により得られる賃金の増分が,どのようにしても彼らのためにならないように,」

共謀者らは,話をつけて,情勢を統制しなければならない。)

22. Armaments.

It was suggested that

  the building up of armaments

    for the purpose of making the Goyim destroy each other

    should be launched on such a colossal scale

    that in the final analysis

      "there will only be the masses of the proletariat left in the world,

        with a few millionaires devoted to our cause...

        and police, and soldiers sufficient to protect our interests."

(22. 軍備。

次のように提案された。

軍備の増強は,ゴイムに互いに殺し合いをさせる目的のものであるが,

その軍備の増強は,大がかりな規模で起こさせるべきである。

その規模の大きさによって,究極的な分析にあっては,

「世界に残されたプロレタリアートの庶民らと,それ以外には,

我々の主張に忠誠な大富豪と,我々の利益を守るための警察官・軍人としか存在しない」ようにすべきである。)

23. The New Order.

The members of the One World Government

  would be appointed by the Dictator.

He would pick men

  from amongst the scientists, the economists, the financiers, the industrialists,

  and from the millionaires

  because "in substance everything will be settled by the question of figures."

(23. 新秩序。

世界統一政府のメンバーは,独裁者により指名されるであろう。

独裁者は,科学者らと経済学者らと資本家らと起業家らの間でからと,大富豪らからと,

メンバーとなる者を選ぶであろう。

なぜなら,事実上のこととして,すべてのことは,外観の問題点によって決せられるからである。)

24. Importance of youth.

The importance of capturing the interest of youth

  was emphasized with the admonition that

  "Our agenturs should infiltrate into

    all classes, and levels of society and government,

      for the purpose of fooling, bemusing, and corrupting

        the younger members of society

    by teaching them theories and principles we know to be false."

(24. 若者の重要性。

若者の関心をつかむことの重要性が,次の訓戒とともに強調された。

「我々の工作員は,社会と政府の,すべての階級とレベルに浸透せねばならない。

その目的は,社会の若年メンバーをもてあそび,混乱させ,堕落させることであり,

この目的を,彼らに,我々がインチキだと分かっている理論や根本方針を教えることにより達する。」)

25. National and International Laws

  should not be changed but should be used as they are,

    to destroy the civilization of the Goyim

      "mereby by twisting them into a contradiction of the interpretation

        which first masks the law and afterwards hides it altogether.

      Our ultimate aim is to substitute ARBITRATION for LAW."

(25. 国内法及び国際法は,ゴイムの文化生活を破壊するために,

変更されるべきでなく,そのまま用いられるべきである。

そのまま用いるというのは,

「単に,法条を絡ませるようにして,解釈の矛盾に陥らせるに過ぎず,

つまり,最初は,法条を仮面で覆い,そののちに,法条を完全に隠すのである。

我々の究極の狙いは,法律に代えて仲裁を用いることである。」)



この記事とほぼ同じ内容のものは,次のGoogleドキュメントの3(2)としても記してあるよ。

https://drive.google.com/file/d/0B0rIu6IydH1qRy1QWjgwWWZEZG8/view?usp=sharing





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック