衝撃(?)のYouTubeコメント♡

(NTDTVJPチャンネルの動画「靖国神社参拝 なぜ日本人はこだわる?」にコメント。14/8/20 3時15分15秒)


+CCTV News +CCTV Africa +NTDTVJP +中国湖南卫视官方频道 China HuNanTV Official Channel
+The White House +The British Monarchy +European Union +ASEAN +RT +United Nations +kanteijp
+Australia +대한항공 (Korean Air) +North Korea +Reuters +CNN +Washington Post +Financial Times +AFP
+Fox News +DW (English) +Bloomberg News +euronews (in English) +Sky News +The Associated Press
+Al Jazeera English +SakuraSoTV +TheHenmamo +「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組
+チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」 +産経アプリスタ +FNNnewsCH +朝日新聞社 +毎日新聞 +舛添要一
+自民党 +日本維新の会(党本部) +大阪維新の会 +みんなの党 +結いの党 +公明党 +日本共産党 +社民党
+生活の党 +民主党 +Israel +OECD +African Union Commission - Department of Trade and Industry +Dalai Lama

靖国神社参拝については、日本人にとって、理屈でない感情によるところが大きいものですが、それを言葉に表現してみますと、日本国の今の平和と繁栄は先人たちのおかげであるいうことであり、特に、今、現に、大和民族の自立を維持することができているのは、太平洋戦争等で命を捧げて戦って下さった戦没者の方々に負うところが大きいと感じます。
日本の場合には、2000年以上の長きに亘ってになるでしょうか、周りが自然の城壁となる海で囲まれている地の利もあって、他民族の支配を受ける不幸を経験することがありませんでした。
今の中国は、ほぼ漢族の国とするなら、モンゴル族(満州族)に支配されている時期があったり、4000~5000年でしょうか、ずっと漢族の支配によるものではないと聞きます。

海外に居住する中国人の中には、将来的に、その国を侵略する目的でそこに住んでいる者も多いようですが、そういった侵略者に対しては、その他国に育まれてきた精神性を含めてその国の国民性を尊重しながら、共存共栄ということを強く意識してほしいものです。
中共が、戦後、チベット・ウイグル・南モンゴルでしているように、その土地なり地下資源なりが欲しいからという理由で、力任せに周辺国を侵略した上で、それらの国の支配を核心的利益等と称して、そこに居座り、それらの国を漢族に民族浄化するといったことには、人道上の重大な問題があり、私は、それらの蛮行は気違い沙汰であると最終判断しています。

靖国神社のことは客観的には神道の信仰と深い関わりがありますが、国民各人の人格を構成する部分には、通常、意識しようと意識するまいと、宗教的な要素があるものであり、信教の自由は、人誰しも尊重されるべき重要な人権です。
私の場合には、熱狂的な信仰ということはありませんが、論理的にどうこういう以前の、私の人格を形づくる精神性の重要な部分に、仏教の慈悲、武士道の誠実、神道の多様受容、禅のわびさびの美意識、キリスト教の隣人愛といったものが存在します。
私のネットでする意見には、ここにするコメントも含めて、そういった精神性が表れていることを確認することができるような気がします。

知り合いの中国人で、「幼いころ、毛沢東は神様だと思っていた。中国人はみんな、そう思うもの」という方がいましたが、毛沢東思想の信奉には、何か宗教がかっているところがあるように感じます。
よくは知りませんが、中共は、その党員に対し、毛沢東思想以外を信奉することを許しておらず、多くの中共党員は、その邪教に洗脳されているんですよね?
上述したような中共の拡大主義を見ると、その邪教信仰が気違い中共を支えていて、自然権思想を踏み躙る唯物志向と他民族排他志向とを許容しているかのような印象です。

多くの日本人が靖国参拝をどう考えているかは、是非、次のYouTube再生リストで確認して下さい。


http://goo.gl/18MPAa


邪教信仰に支えられた(?)中共による他国侵略については、次の2つのYouTube再生リストが参考になるものと思います。


http://goo.gl/A8xjf8


http://goo.gl/opdS4E









(SakuraSoTVチャンネルの動画「1/3【討論!】世界を動かすものの正体?![桜H26/8/9]」にコメント。8/18/2014 5:05:23 AM)


+RT +The British Monarchy +The White House +European Union +United Nations +ASEAN +CCTV News
+Reuters +CNN +Washington Post +The New York Times +Financial Times +AFP +Fox News +DW (English)
+Bloomberg News +euronews (in English) +Sky News +BBC News +The Associated Press +Al Jazeera English
+kanteijp +SakuraSoTV +TheHenmamo +「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組
+朝日新聞社 +産経アプリスタ +毎日新聞 +FNNnewsCH +自民党 +公明党 +日本維新の会(党本部)
+大阪維新の会 +みんなの党 +結いの党 +舛添要一 +社民党 +日本共産党 +生活の党

パネリストの皆さんは、番組を通して、「ユダヤ系アメリカ人が米国政府を支配していた。米国も、それ以外の国と同様に、陰謀に満ち満ちている」とか、そんなふうな感じでした。

米国についてのそのような評価は、一時期の米国政権が、CIAの諜報活動に基づく進言よりも、それらユダヤ系アメリカ人(?)の経営する石油会社のロビー活動に影響され、サウジアラビア政府を支援していたことがあるとか、そういった事実について下されたものなんですよね?
さっき、北朝鮮について調べ物をしていたのですが、偶然見付けて横目で見ていたCIAについての動画で、元CIA職員たちがそのようなことを証言していました。

次の再生リスト中の動画「CIA秘められた真実」の第3回目の後半以降に、そのような証言があるかと思います。


http://goo.gl/3F3WDx

勿論、パネリストの皆さんの仰ることにも根拠があるものとは思いますが、ご認識される事実は、可能な限りくっきりと表現いただいて、その上で、その認識事実に対するご自身の評価を述べていただいたほうがより好ましいように思っています。

私には、それらのロビー活動をもって、「米国が、気違い中共や、嘘と暴力のプーチンが独裁する国と同様に、インチキである」とは思えません。




(一つ上と同じSakuraSoTVチャンネルの動画「1/3【討論!】世界を動かすものの正体?![桜H26/8/9]」にコメント。14/8/11 0時7分37秒)

+RT +The British Monarchy +The White House +European Union +United Nations +ASEAN +CCTV News
+Reuters +CNN +Washington Post +Financial Times +AFP +Fox News +DW (English) +Bloomberg News
+euronews (in English) +Sky News +BBC News +The Associated Press +Al Jazeera English +kanteijp
+SakuraSoTV +TheHenmamo +「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組
+朝日新聞社 +産経アプリスタ +毎日新聞 +FNNnewsCH +kanteijp +自民党 +公明党 +日本維新の会(党本部)
+大阪維新の会 +みんなの党 +結いの党 +舛添要一 +社民党 +日本共産党 +生活の党

○今回の3時間弱の議論は、抽象的には、要するに、「世界を動かすものの正体は、国際金融機関とマスメディアとを支配する在米ユダヤであり、彼らは金儲けをその目的としている。近年のインターネットの普及によって、その支配が強固なものでなくなり、他に分散化しつつもある」といった内容に収斂していったように思います。

総じて、各ご主張について証拠というか裏付けとなる事実というか、そういうものを明確にされるとよりよかった、また、主要な結論として、グローバリズム・金儲けと、ナショナリズム・道徳との兼ね合いをどこに置くべきかという基準を議論の中で明確にすることができればよりよかったのではないかと思います。

○基本的な議論の方針では、小難しい抽象的な空中戦の主張を縷々展開されることよりも、多数の個別具体的な客観的事実に基づいた力強い判断を披歴していただくことのほうがより好ましいように思っています。

冒頭の「政治家が国民を欺いていることは当然である」といった主張についても、その根拠となるご認識の事実を明確にしていただいたほうがよいです。
人の精神は無限の広がりを持っているものとは思いますが、通常、具体的な政策に表れる限りで、政治生命を絶たなければならないほどの嘘が混じっているものなのでしょうか。それは、過去には、単に、「本当の意味ではその人が政治家に向いてない、そういった人格の議員を選挙で選んでしまった」ことが多かったに過ぎないような気がします。

○ジャスミン革命のことは、「その運動に呼応する民衆の行動は単純なものであるけれども、それを発案し扇動するリーダーの思想には実は奥深いところがある」といったように理解しています。

○中国における中共独裁については、全くご認識がないものでもないようには感じましたが、ロシアにおけるプーチン独裁については、今一度、ロシア国内の大多数の庶民の声を確認されてもよいように思います。国内外において政権の敵を作って、政権の安定化を図ろうとするのは、中国でもロシアでも同じことのような気がします。
本当に、金融でもそれ以外についても、それら三流国の主張が、今後、長きにわたって国際社会を牽引していくものとなり得るのでしょうか。

参考にしていただきたいYouTube動画を記します。1本目の中国のものについては、一応は完成していますが、2本目のロシアのものについては、未完成です。中国・ロシアの富裕層は、それぞれの政府が安定したもののような印象を醸し出すものとは思いますが、真実のところはいかがなものでしょう。通勤時間中のBluetoothヘッドセットを用いた歩きスマホ等での視聴がお勧めです。

中国について → http://goo.gl/ByGlcC


ロシアについて → http://goo.gl/SS7cS3


○ロシアがその国民に対して、全国民家族意識を植え付けようとしているのは、私には違和感があります。そういった妄想は、既に、ロック「市民政府論」の否定するところでもあるような気がします。日本政府または政党等が、そのような妄想を日本国民に対して植え付けようとする試みについては、私は明確に反対します。

ロシアなりプーチンなりのfacebookを確認してみられるのもよいです。Bing翻訳を確認する限り、ロシアも、国内でのプロパガンダによって、中国とはその使い方が違うようですが、富裕層の愛国心を煽り統治の安定を保っているところがある印象です。
ロシア facebookページ → http://goo.gl/dajpTc
プーチン facebookページ → http://goo.gl/Z2l0sL

ロシアのページでは、昨日でしたか、ロシアの歩兵隊の隊列の写真に「ロシアの誇り」とか、プーチンのアップの写真に「プーチン、最高」とかそんなひと言が付してあったように記憶しています。それらついて、ロシアを日本に置き換えてみると、その気持ち悪さを確認することができるものと思います。

○勿論、水島さんを含めて、みなさん優秀な方だとは思いますが、今回は、馬渕さんの議論に臨む姿勢や、そのご発言に表れた総合的な判断とか、渡邉さんの中国分析とかが、私の好みに合致していました。










(videonewscomチャンネルの動画「ロシアは日本の友好国になり得るか・パンクバンドの抗議行動にムチで制裁」にコメント。2014.8.9 9時頃)



+RT +The British Monarchy +The White House +European Union +United Nations +ASEAN +Reuters +朝日新聞社 +産経アプリスタ +「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組 +SakuraSoTV
+毎日新聞 +kanteijp +自民党 +公明党 +日本維新の会(党本部) +大阪維新の会 +みんなの党 +結いの党
+舛添要一 +FNNnewsCH +CNN +Washington Post +Financial Times +AFP +Fox News +DW (English)
+Bloomberg News +euronews (in English) +Sky News +CCTV News +BBC News +The Associated Press
+Al Jazeera English


ロシアや、それと関わろうとする日本について三流国との評価は適切だけれど、南京大虐殺は中共の捏造だよ。
次のYouTube再生リストで勉強してね♡。


http://goo.gl/klEsqQ


それで、昨日今日のことでまだこれからだけど、独裁者プーチンについても、再生リストの作成に着手したよ。


http://goo.gl/AYz9Ej




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446483792

この記事へのトラックバック