いや†、本当に、真面目な話ですよ❦[最終追記 2014/10/20 AM5時前]

[最終追記 2014/10/20 AM5時前]




















































[以下、本文]
---------- 転送メッセージ ----------
From: TheMiracle Micky
日付: 2014年10月11日 20:41
件名: 中共に対する即時解体の勧めです
To: sbenq@sb.gov.hk, enquiry@1835500.gov.hk, cso@cso.gov.hk, 1518793214@qq.com, 1678610044@qq.com, 2323118850@qq.com, 239646941@qq.com, 393908833@qq.com, 741318963@qq.com, aaou2008@tjrtvu.edu.cn, adma2009@bnu.edu.cn, admin@dlmedu.edu.cn, admin@mmstw.com, admin@vip.2500sz.com, admission@cfau.edu.cn, admission@seu.edu.cn, admissions@bimba.edu.cn, admissions@cqu.edu.cn, admissions@lawschoolchina.com, Admissions@nottingham.edu.cn, admissions@xmu.edu.cn, admissn@mailbox.gxnu.edu.cn, advertisement@china.org.cn, ahauweb@ahau.edu.cn, anita@torontotv.net, applmathmech@cquc.edu.cn, asli@ecupl.edu.cn, aumdwsb@sicau.edu.cn, ayddwsj@ahmu.edu.cn, Baijie@nxmc.edu.cn, bamcmtv@126.com, banguan@brtn.cn, bbs@iqilu.com, bdzsb@pku.edu.cn, beijing@fu-berlin.de, bhoffice@beihua.edu.cn, bhyb@public.qd.sd.cn, binzhoutv@sina.cn, business@china.org.cn, cable.yang@panzhihua-university.com, calder@dufe.edu.cn, cauciad@cauc.edu.cn, cauie@cau.edu.cn, cctv-4@cctv.com, cd-waishic@yeah.ne, cdtyjxk@263.net, ce@010lf.com, centv@guoshi.com, cf@nefu.edu.cn, cfxyxb@163.com, cfzhang@gzu.edu.cn, chenym@cqupt.edu.cn, CHINANCCMUCH@gmail.com, cice@ccnu.edu.cn, cicehebei@163.net, cidnankai2012@126.com, cie@mail.shu.edu.cn, cie@njut.edu.cn, cie@tjut.edu.cn, cn@jkwshk.com, cnc@center.njtu.edu.cn, cnc@cncnews.cn, contact@hebtv.com, content@mail.gov.cn, contribution@china.org.cn, copyright@china.org.cn, copyright@lztv.tvlzr.com.cn, cpre@sdnu.edu.cn, cslcn@bjpu.edu.cn, ctcenter@hainnu.edu.cn, cugxb@cug.edu.cn, cxytcm@163.com, cypoffice@hljucm.net, czcao@xtnu.edu.cn, czgpwz@zg.org.cn, daigx@bupt.edu.cn, david.li@lync.edu.cn, David.li@lynu.edu.cn, de@010lf.com, dfa@ustb.edu.cn, diaoyr@bjfu.edu.cn, dice@xju.edu.cn, dicncepu@heinfo.net, diecnust@public1.ptt.js.cn, dir@ctgu.edu.cn, dkucontact@duke.edu, dlchinaicei@yahoo.com.cn, dltvnews@sina.com, Dokuments.lichengwei@zust.edu.cn, Dokuments.pdsuxb@pdsu.edu.cn, Dokuments.xuebao@dgut.edu.cn, dsk@ynu.edu.cn, duany@sxu.edu.cn, dwhjzx@nxu.edu.cn, dwxcb@chd.edu.cn, dyao@uestc.edu.cn, ecc@xtu.edu.cn, edawei@jmu.edu.cn, editor@china.org.cn, editor@ntdtv.com, educators@cucas.cn, educd@public.cc.jl.cn, eduinfo@126.com, efly@nenu.edu.cn, efoffice@swu.edu.cn, elenafang@bnuep.com, english@mail.gov.cn, englishpd@163.com, expert@whu.edu.cn, expert@ysu.edu.cn, fad@home.swjtu.edu.cn, fadept@bbi.edu.cn, faffairs@yxtc.net, fanq888@ccpc.edu.cn, fao@btbu.edu.cn, fao@bwu.edu.cn, fao@hzu.edu.cn, fao@jjtu.edu.cn, fao@mail.haust.edu.cn, fao@mail.hzau.edu.cn, fao@nudt.edu.cn, fao@qhnu.edu.cn, fao@shisu.edu.cn, fao@swust.edu.cn, fao@uibe.edu.cn, fao@wyu.edu.cn, fao@xfu.edu.cn, fao@xidian.edu.cn, fao@xjau.edu.cn, fao@yangtzeu.edu.cn, fao@yzu.edu.cn, fao@zbu.net.cn, fao@zzuli.edu.cn, FAOBYU@yahoo.com, faocim@cjlu.edu.cn, faokums@vip.km169.net, faomail@fzu.edu.cn, fatnu@public.tpt.tj.cn, feiyuan85@126.com, FEST2009@snnu.edu.cn, festu@festu.ru, FFFranksong@hotmail.com, FIE@gxtcmu.edu.cn, fjmg@minge.gov.cn, foreign@ahut.edu.cn, foreignaffairs@njue.edu.cn, foreignaffairs@ynufe.edu.cn, fsc@jlu.edu.cn, fsd@utibet.edu.cn, fso@hainu.edu.cn, ftr@zwu.edu.cn, fxlgdwb@mail.fxptt.ln.cn, gdczbtv@sina.com, gdrsc@lut.cn, gdtv@gdtv.cn, gh@wzu.edu.cn, gich@tust.du.cn, gjc1166@sohu.com, gjc@xbmu.edu.cn, gjjl@xjufe.edu.cn, gjjy@asust.edu.cn, gjy@nbut.cn, gmufso@yahoo.com.cn, gmuinoffice@163.com, gnnu1958@yahoo.com.cn, gpdwhy@gdufs.edu.cn, gpnuwsb@163.com, grace@shspu.edu.cn, gtong@njfu.edu.cn, guoji8@gzhtcm.edu.cn, gutinternational@gmail.com, gwt@jznu.edu.cn, gxcyzsb@163.com, harbinmedical@gmail.com, hd8376@public.hr.hl.cn, hdhaoshuhui@163.com, hebeinufs@yahoo.cn, heufao@hrbeu.edu.cn, hfq@public.xn.qh.cn, hjzx@mail.btvu.org, hk@jkwshk.com, hlu.zsb@163.com, hlwang@mail.shufe.edu.cn, hongying@mail.csu.edu.cn, hqjilin@aliyun.com, hqx@cdutcm.edu.cn, hr.iec.stu@gmail.com, hrbnugjjlc@sina.com, hrbsydxrsc@126.com, hs@nwu.edu.cn, huebfao@heuet.edu.cn, hwxy@fjtcm.edu.cn, hxgjxdx@sohu.com, hynumetc@163.com, hzhjiang@mail.hbu.cn, iaoyu@ytu.edu.cn, ibs@ztc.edu.cn, icd@mailserv.stu.edu.cn, icecsfu@hotmail.com, iced@dlpu.edu.cn, icedao@nuaa.edu.cn, icis@ynnu.edu.cn, iec@imnu.edu.cn, iec@shtu.edu.cn, iec@yxc.cn, iecd@cjlu.edu.cn, iecimau@imau.edu.cn, ieco@qust.edu.cn, iedept@public.nc.jx.cn, ieec@cust.edu.cn, ieecisr@ujs.edu.cn, ieo@fosu.edu.cn, ieojau@yahoo.com.cn, iep@qfnu.edu.cn, ies@znufe.edu.cn, ietc@njau.edu.cn, ijs2008@hebau.edu.cn, info@china-embassy.or.jp, info@jlau.edu.cn, info@lnmedia.cn, info@mail.cnu.edu.cn, info@nmtv.cn, info@sdufe.edu.cn, info@tsinghua.edu.cn, info@xauat.edu.cn, info@xgu.cn, infomed@gmc.edu.cn, intercenter_xaiu@yahoo.com.cn, intermaster@gzhu.edu.cn, international@ecjtu.jx.cn, international@mail.zjgsu.edu.cn, International@oa.shu.edu.cn, international@sdjzu.edu.cn, international@sdut.edu.cn, international@xjtlu.edu.cn, international@zjfc.edu.cn, Interoff@cqnu.edu.cn, intl@hznu.edu.cn, io@hebut.edu.cn, io@hubu.edu.cn, io@sdutcm.edu.cn, iohmu@yahoo.cn, iotjpu@tjpu.edu.cn, ipo@nwsuaf.edu.cn, ipo@sdu.edu.cn, ipoznu@mail.jhptt.zj.cn, ippytv@163.com, isbucm@bucm.edu.cn, isc@bsu.edu.cn, iso@sjtu.edu.cn, ISPACS07@hqu.edu.cn, istju@mail.tongji.edu.cn, iyu@iyu.com.cn, jdxbs@jsu.edu.cn, Jennifer713@njtc.edu.cn, jgchen1999@hotmail.com, jgchen@cjlu.edu.cn, jgzs@aiai.edu.cn, jianminliang@yahoo.com.cn, jiaowu@mail.buct.edu.cn, jl@yinda.com.cn, jlmao@tmail.gzu.edu.cn, jrzrs@jxufe.edu.cn, jubao@contact.sohu.com, jxtv@mail.jxgdw.com, jyb@zjut.edu.cn, jyzxb@xisu.edu.cn, jzrt@jzrt.com, jzus@zju.edu.cn, kefu@vip.cntv.cn, kf@people.cn, khxoffice@hljucm.net, kjpd@cntv.cn, ksyq2@public.kfptt.ha.cn, kwen@shnu.edu.cn, la@cnto.org, lange@chinalancoo.com, lee@ecust.edu.cn, lguanghe@cup.edu.cn, lgzhi@xapi.edu.cn, liangjs@hotmail.com, libingshen@zknu.edu.cn, lijinglizzy@yahoo.com.cn, lijunjian@bisu.edu.cn, liming@shnu.edu.cn, liq@xjtu.edu.cn, liqiang@impu.edu.cn, liuban@mail.ahnu.edu.cn, liuxue@lcu.edu.cn, liuxue@sdust.edu.cn, liuxue@tjufe.edu.cn, liuxue@ybu.edu.cn, liuxuesheng@bicea.edu.cn, liuzhj@dlmu.edu.cn, liyan@jiangnan.edu.cn, lpx@ouc.edu.cn, lujing@bisu.edu.cn, lulu_yinz@163.com, LuLx@sytu.edu.cn, lxs@gxu.edu.cn, lxsb@hhu.edu.cn, mail@sxrtv.com, mail_ijntv@163.com, majin@shsmu.edu.cn, make_intl@jxufe.edu.cn, master@jlnu.edu.cn, master@shtvu.edu.cn, master@smmu.edu.cn, master@syphu.edu.cn, min@sytu.edu.cn, mjjiang@shnu.edu.cn, mse@ustc.edu.cn, mtcoffice@china.com, myntv@myntv.cn, neauxcb@126.com, netadm@njutcm.edu.cn, netmaster@mj.org.cn, news@010lf.com, news@iqilu.com, news@lzu.edu.cn, niatxw@niat.jx.cn, nic@heuu.edu.cn, nkiae@nankai.edu.cn, nxtv001@163.com, nxtvweb@nxtv.cn, ny@cnto.org, nylxx@njarti.edu.cn, nytvwlb@163.com, oec@fjau.edu.cn, office@dlut.edu.cn, Office@just.edu.cn, office@xznu.edu.cn, oia@swpu.edu.cn, oic@guet.edu.cn, oice@cdu.edu.cn, oice@cwnu.edu.cn, oicswfc@swfc.edu.cn, oiec@hunnu.edu.cn, oip@sias.net.cn, Oliver_xing@henau.edu.cn, ordosrt@126.com, overseas@cpums.edu.cn, overseastcmedu@hotmail.com, oxsc@jnu.edu.cn, panfulin@ccu.edu.cn, Pauline@sandau.edu.cn, pearlliu@yahoo.com.cn, philipzzl@mail.cmu.edu.cn, phxc@peihua.cn, postmaster@daad.org.cn, President@hpu.edu.cn, press.release@china.org.cn, principal@hunau.net, pttvoffice@163.com, public@hdu.edu.cn, pxd1998@163.com, qdwlds@163.com, qihao@mail.njim.edu.cn, qjjl@ntu.edu.cn, qwyang@hhuc.edu.cn, radiots@163.com, rcyj@ctbu.edu.cn, rczp@mail.neuq.edu.cn, rencaiban@nwpu.edu.cn, rexwang@tencent.com, rickf@websterchina.com, rmdxxb@ruc.edu.cn, rsc@buaa.edu.cn, rsc@chd.edu.cn, rsc@ecust.edu.cn, rsc@gdcc.edu.cn, rsc@mail.neuq.edu.cn, rsxzb@fudan.edu.cn, russian@vip.cntv.cn, scs@dlufl.edu.cn, waiban@xsyu.edu.cn, webmaster@cndca.org.cn, China Connection , Donna Dong , 公共 , 河山河


習近平国家主席殿、李克強首相殿、王毅外相殿
梁振英行政長官殿、林鄭月娥政務官殿
 その他中国政府・香港政府の幹部中共幹部 各位

[中共即時解体の勧め]

1 私を含め香港民主派を見守る国際社会は、後に記す中共統治の現状から照らして、中共が今回の香港デモを、武力により、またこれに欺瞞と謀略とを補いつつ鎮圧して、香港および中国本土における中共暴政が今後も継続しまたは拡大することを多大に憂慮しています。
といいますか、単なる多大な憂慮ではなく、国際常識人の視点で中共統治の現状を総合的に判断すると、中共が中国を統治する能力を欠いていることは明白であり、中共は、なるべく無血のうちでの迅速な解体以外に選択の余地はありません。

2(1) ちなみに、世界諸各国の首脳が、中共独裁政府に対して、中共解体を伴う中国の民主化等を促すことは、内政干渉に当たりません。

なぜなら、国連憲章は、その趣旨および目的として、「すべての者のために人権および基本的自由の尊重すること」を掲げており、中国政府も国内統治においてそのような条約上の義務を負っています。にもかかわらず、中共独裁政権は、次に示す中共統治の現状の通り、国内外において、重大な人権侵害を常態化させていて、このことは、「人権および基本的自由の尊重」を真っ向から否定するものです。つまり、中共、明確に、国際法上の義務に反しています。

世界諸各国の政府機関が、重大な人権侵害を常態化させている点で国際法に違反する中共に対して、中共によるその人権侵害を根本的に解消し得る一つの方途として、中共の解体を伴う中国の民主化を強く勧めることは、決して、内政干渉に当たりません。

(2)ア より詳細に、なぜ内政干渉に当たらないかを解説しますと、まず、国連憲章1条3項後段は、次のことを国際連合の目的の一つとして定めています。
「人種、性、言語または宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を尊重するように助長奨励することについて、国際協力を達成すること。」

ここにいう「国際協力」として、13条1項bは、総会が、次に示す「目的のために研究を発議し、及び勧告をする」ことを認めています。
「人種、性、言語又は宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を実現するように援助すること。」

また、他の「国際協力」として、55条cは、国際連合は、「人民の同権及び自決の原則の尊重に基礎をおく諸国間の平和的且つ友好的関係に必要な安定及び福祉の条件を創造するために」、「次のことを促進しなければならない」ものとしています。
「人種、性、言語または宗教による差別のないすべての者のための人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守」

さらに、62条において、経済社会理事会は、「すべての者のための人権及び基本的自由の尊重及び遵守を助長するために、勧告をすることができる」こととしています。

イ これらの13条1項b、55条c、および、62条の規定は、1条3項後段の目的を達成する手段として定められたものです。

これら規定を根拠に、現実のところとして、国連総会は、所定の手続きを経ることによって、中国国民のために人権および基本的自由を実現するように援助することを目的とした研究を発議し、勧告をすることができます(13条1項b)。
現実に、経済社会理事会は、所定の手続きを経ることにより、すべての者のための人権及び基本的自由の尊重及び遵守を助長するために、勧告をすることができます(62条)。
また現実に、国際連合は、すべての者のための人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守を促進しなければならない義務を負っています(55条c)。

ウ 実態的には人権蹂躙を常態化させている中共に対して、上記勧告等が発動されるべき状況があることが明白です。
としても、中国は安全保障理事会常任理事国ということがあったり、国際関係上、中共と諸各国との間のパワーバランスは、種々あり得るところであり、実際に、国連機関が、中共に対して勧告等を採択しないことはあり得るものです。

ただ、とはいえ、国連憲章自体は、国連の重大な存在理由として、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重についての国際協力」を掲げているものとみるべきです。
また、そのような国際協力以前に、中共政府を含めた国連加盟国は、各国の国内統治において、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」に向け、欺瞞や謀略なく、誠実に努力する必要があります。

国連憲章が、各国の国内統治においても、「人権および基本的自由の尊重」に向けた誠実な努力を義務付けていることを前提としていることは、a. 国連憲章前文が次の通り定めていることと、b. この前文の背景に、国際社会が、「戦争は、自国民であっても他国民であっても、生命侵害を含む重大な人権侵害をもたらすからこそ禁ずべきである」という共通認識を有していることとから、国際常識に照らして明らかなことです。
「われら連合国の人民は、
われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い、
基本的人権と人間の尊厳及び価値と男女及び大小各国の同権とに関する信念をあらためて確認し、
正義と条約その他の国際法の源泉から生ずる義務の尊重とを維持することができる条件を確立し、
一層大きな自由の中で社会的進歩と生活水準の向上とを促進すること
並びに、このために、
寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに平和に生活し、
国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、
共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保し、
すべての人民の経済的及び社会的発達を促進するために国際機構を用いることを決意して、
これらの目的を達成するために、われらの努力を結集することに決定した。

よって、われらの各自の政府は、サン・フランシスコ市に会合し、全権委任状を示してそれが良好妥当であると認められた代表者を通じて、この国際連合憲章に同意したので、ここに国際連合という国際機構を設ける。」

エ 中共政権は、後に示す中共統治の現状から明らかな通り、香港にあっても中国本土にあっても、重大な人権侵害を常態化させているのであって、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」に真っ向から対向する方針で中国を統治しています。

国連加盟諸各国の首脳が、上述のような国連憲章上の国際協力に至る準備段階の行為として、国連憲章上看過することのできない中共暴政を是正させる有効な方途として、香港民主化デモを正当視してこれに対する揺るぎない支持を表明すること、延いては、暗に、中共独裁政権の解体を伴う中国民主化を促すことは、国連憲章上、奨励すべき行為です。

(3) 上記(1)、(2)の通りの中共による国際法上の義務違反またはこれに準ずる違反に対して、これに上塗りするかたちで、香港民主派デモについて、例えば、次の通り、李克強首相は、「内政問題」等と、また、王毅外相は、「海外諸国は内政干渉すべきではない」等と述べているようです。
李克強首相→ http://goo.gl/X7m6Hx
王毅外相→ http://goo.gl/eVOeHe

しかしながら、国連加盟諸各国の首脳等が、香港民主化デモを正当視してこれに対する揺るぎない支持を表明することや、中共独裁政権の解体を伴う中国民主化を促すことは内政干渉には当たらず、李克強首相、王毅外相等の発言はいずれも妄言です。

もし、習近平国家主席、李克強首相、王毅外相、梁振英行政長官、林鄭月娥政務官、その他中国政府・香港政府の幹部のいずれかが、a. 国連憲章における「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」の意義、中国統治における「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」の義務等を理解する知能、または、b.中国統治において、誠実に、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」を実践する意思を有しないならば、為政者に求められるべき資質を欠くものとして、例外なく、即時に、職を辞する必要があります。

(4)ア 中共は、迅速な解体が必要であるとはいえ、中共には、中国を統治する能力がないばかりか、中共自身を解体する能力がないといったこともあり得ます。

そこで、私から中共にお勧めするのは、国連憲章第12章にいう国際信託統治制度かこれに類する措置の利用です。
私は、専門家ではないので、明確には断定できませんが、ざっと12章の条文を確認する限りでは、中国は、国連から脱退しさえすれば、国連を施政権者として、信託統治制度かそれに準ずる措置を国連にお願いするといったことが可能なはずです。

イ とはいえ、それ以前に、中共幹部は、中共自身に統治能力がないということを十分に自覚して下さい。
つまり、中共は、次の中共統治の現状の通り、独裁人治によって、「中国憲法の趣旨を恣に歪めて解釈するものであって、国内法も国際法も誠実に遵守する意思を有しておらず、それら暴政から、これと同様に、暴力・欺瞞・謀略に満ち満ちた中国社会を形成することとなっている」ことを十分に自覚して下さい。

私の率直な評価では、モラルなき中国は、国として、体を成しておらず、最早、国連、先進国等の強力な助力なしには、平穏に、国としての体裁を整えることはできません。

中共は、それらのことを十分に自覚した上で、これ以上、暴政を継続して中国国民を苦しめ続けることを恥じ、即時に、中共解体を宣言しつつ中国の統治権を国連等に譲るべきです。

中共統治を賞賛する者が、中共党員か、香港アクション映画俳優等の民主化を阻む中共家畜等を除いて存在しますか?
世界諸各国の首脳その他の外国人から、中共に対する批判が多ければ多いほど、中共幹部は、中国統治の根本的な問題を解決する必要があること、また、解決不能であれば、中共解体を急ぐ必要があることを自覚して下さい。


-------------------------------------------------
[中共統治の現状]

○中共は、非武装の学生・市民等を31978人以上殺戮した天安門大虐殺における、首謀者 鄧小平やその周辺関係者の対応につき、究明した事実に関する評価を下していないか、それら評価を公表していないため、中共は、天安門大虐殺の惨事を繰り返す可能性があります。
   天安門大虐殺→ http://goo.gl/NdKGJK

○中共は、ウイグル人・チベット人・南モンゴル人を自国民と考えているのか、他国民と考えているのか不詳ですが、民族浄化と称したジェノサイドの実行は、人権蹂躙の程度が最も甚だしいものであり、国際正義・国際常識からいって、それらは到底、許されるものではありません。
仮に中共が彼らを自国民とみているのであれば、政治上も漢族と同等の扱いをする必要があります。また、もし中共が、彼らが他国民であることを認識しているであれば、中共は、それら既に侵略している各国領土を放棄して、各国領土に存在する理由のないすべての漢族等を各領土から去らせなければなりません。
   ウイグル・チベット・南モンゴルでのジェノサイド→ http://goo.gl/edi7g6

○中共は、沖縄に対する侵略工作を進めており、韓国・北朝鮮・台湾・香港・モンゴル・ベトナムその他の周辺国でも、同様の侵略を試みているものと推測されます。
沖縄の政治家や報道機関の買収を含む謀略を用いて領土を拡張しようとする中共の試みは、到底、許されるものではありません。
   沖縄を始めとした日本侵略、日本での対中国印象操作等→ http://goo.gl/DQumSW

中共による他の対日謀略として、南京大虐殺の捏造が挙げられます。
   南京大虐殺捏造→ http://goo.gl/l5wUxJ

○中国政府の一部である香港政府は、一定の自治を認められているとはいえ、習近平の率いる中共の指揮下に組み込まれているはずです。
中共による中国統治が、中国建国当時から、暴力・欺瞞・謀略に満ち満ちたものであることについては、その歴史の真実が語るところです。
   中国近現代史の真実→ http://goo.gl/VuRG5W
   (その中国語版→ http://goo.gl/hm8KI3)

中共がこのまま、暴力・欺瞞・謀略の手段を用いつつ香港民主化デモを鎮圧するようなことがあると、中共暴政は、いずれ、香港において、表現の自由や、思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由、営業の自由、人身の自由、法の下の平等等を失わせることは目に見えています。

○中国国内における政治家・官僚への賄賂供与の常識化という中共統治の腐敗によって、環境破壊、食品の非安全、教育の劣化等を招くこととなっており、また、中国官僚の出世欲による膨大な不動産バブルの形成によって、これがはじけることを引き金とした経済崩壊の危険を生じさせています。
   政治腐敗、中国経済崩壊、環境破壊等→ http://goo.gl/LuDicp

○中共は、天安門大虐殺、他国民ジェノサイドばかりでなく、臓器狩りといった人命換価をも許容し正当化する重大な人権蹂躙をしてきた事実があります。
   法輪功学習者、死刑囚等からの臓器狩り→ http://goo.gl/TC5YrR

また、中共は、新疆等において、凌遅刑といった残虐な刑を執行していると聞きます。
   凌遅刑を表すツイート画像【閲覧注意】→ http://goo.gl/Eu8iP3

○特に、中共統治は、法治を志向せず、人治によるものとなっています。
中国憲法序章にある「社会主義の革命と建設のために中国共産党に指導を仰ぐ」旨の記述が、人治を許すこととなっています。

毛沢東に法的素養がなかったためと聞きますが、そのような憲法序章の記述が、現在の中共暴政による大多数の中国国民の多大な不幸を招来しています。



MickyTheMiracle < miracletoypoodle@gmail.com >








---------- 転送メッセージ ----------
From: TheMiracle Micky
日付: 2014年10月11日 20:43
件名: 中共に対する即時解体の勧めです
To: sbenq@sb.gov.hk, enquiry@1835500.gov.hk, cso@cso.gov.hk, scaufao@scut.edu.cn, SCC2009@hnu.cn, scsdxcb@sicnu.edu.cn, scuta04@scut.edu.cn, scutafao@scuta.edu.cn, sdhan@ybust.edu.cn, Seiten@scuec.edu.cn, service@cditv.tv, service@hzntv.cn, service@hzrtv.cn, service@yltvb.com, setup@fjmu.edu.cn, sfxyjzws@yahoo.com.cn, sgnu@hotmail.com, sguic661@gmail.com, shanghai.admissions@nyu.edu, shengkeyuan@nytc.edu.cn, shenjf@cugb.edu.cn, shunli@mail.lzjtu, sie@zzu.edu.cn, sinacsc@vip.sina.com, sinamedia@vip.sina.com, sjxx@xidian.edu.cn, sjzntv@sjzrtv.com, skywang2006@yahoo.com.cn, smuico@shmtu.edu.cn, snoopy_11a@yahoo.com.cn, spma@cpu.edu.cn, sqnu@hotmail.com, sqxichu@163.com, strtv@foxmail.com, study@csust.edu.cn, study@jutcm.com, study_in_kust@kmust.edu.cn, sunjc@sau.edu.cn, sunyong@ahu.edu.cn, support@bnuz.edu.cn, support@imun.edu.cn, swrtv@qq.com, sxdtdx_rsc@163.com, sxgdtv@163.com, sxjcgdw@163.com, sxwcn@sohu.com, sxwpy@163.com, synugj04@163.com, szk@dhu.edu.cn, szufao@szu.edu.cn, t_huangxing@suda.edu.cn, tctzp@jsut.edu.cn, tdzb@tju.edu.cn, tech@china.org.cn, tfsufo@tjlink.tisti.ac.cn, TinaLiu@missouristate.edu, tiyubu@mail.shu.edu.cn, tjbmrc@gmail.com, tjtcmcn@public.tpt.th.cn, tuiguang2@brtn.cn, usstie@usst.edu.cn, ustl@ustl.edu.cn, vc@ecnu.edu.cn, video@iqilu.com, vtibet@163.com, waiban@hebust.edu.cn, waiban@xaut.edu.cn, waiban@xjmu.edu.cn, waisb@mail.hrbust.edu.cn, waishi@njmu.edu.cn, Waishi@zhjnc.edu.cn, waishiban@lyu.edu.cn, wanghg@gzhu.edu.cn, wangji@nbu.edu.cn, wangwj@cumt.edu.cn, wangzh@sust-edu.net, wb@sjzu.edu.cn, wbsjzu@163.com, web@hunantv.com, web@shmu.edu.cn, web@sxmu.edu.cn, webmaster@bisu.edu.cn, webmaster@bjwlxy.edu.cn, webmaster@brtn.cn, webmaster@chinaloveweb.com, webmaster@cppsu.edu.cn, webmaster@crtvu.edu.cn, webmaster@cztv.tv, webmaster@dqsy.net, webmaster@fimmu.com, webmaster@fstv.com.cn, webmaster@gdrtvu.edu.cn, webmaster@gdtv.cn, webmaster@gxun.cn, webmaster@hebtu.edu.cn, webmaster@henannu.edu.cn, webmaster@henu.edu.cn, webmaster@hfut.edu.cn, webmaster@hongshannet.cn, webmaster@hugd.com, webmaster@imu.edu.cn, webmaster@imust.cn, webmaster@jzu.cn, webmaster@mail.hbut.edu.cn, webmaster@mail.neu.edu.cn, Webmaster@mail.xhu.edu.cn, webmaster@minge.gov.cn, webmaster@mj.org.cn, webmaster@mmzy.org.cn, webmaster@ncut.edu.cn, webmaster@nju.edu.cn, webmaster@nwnu.edu.cn, webmaster@qhmu.edu.cn, webmaster@qhrtvu.edu.cn, webmaster@sdau.edu.cn, webmaster@shzu.edu.cn, Webmaster@sisu.edu.cn, webmaster@smu.edu.cn, webmaster@sut.edu.cn, webmaster@svu.ac.kr, webmaster@swufe.edu.cn, webmaster@swun.edu.cn, webmaster@swupl.edu.cn, Webmaster@syau.edu.cn, webmaster@sysu.edu.cn, webmaster@syty.edu.cn, webmaster@taimeng.org.cn, webmaster@tongji.edu.cn, webmaster@tute.edu.cn, webmaster@whut.edu.cn, webmaster@xpu.edu.cn, webmaster@zjgonline.com.cn, wenbo@gzsums.edu.cn, wenfengsy@hotmail.com, wfcmw@126.com, whcmw2009@126.com, whicu@tom.com, wlzx@hgnu.edu.cn, wsb@aufe.edu.cn, wsb@aust.edu.cn, wsb@aynu.edu.cn, wsb@fjut.edu.cn, wsb@gdut.edu.cn, wsb@mail.zjwu.net, wsb@qzu.edu.cn, wsb@zjicm.edu.cn, wsb@zjou.edu.cn, wsb@zufe.edu.cn, wsc@cqmu.edu.cn, wsc@gsau.edu.cn, wsc@mail.usts.edu.cn, wsc@scu.edu.cn, wsc@zqu.edu.cn, wschx@email.hbnu.edu.cn, wsclxb@mail.bfsu.edu.cn, wsh3@scnu.edu.cn, wshb@qdiae.edu.cn, wslx@china2.ygi.edu.cn, wsxjufe@sina.com.cn, wuchunqing@ncepu.edu.cn, wuyinghuidr@yahoo.co, wwt@mail.cumtb.edu.cn, www@nbbltv.com, www@sues.edu.cn, www@uvu.edu.cn, wwzy@jhun.edu.cn, wzxjzx@163.com, xcb@cueb.edu.cn, xiaoban@mail.cqums.edu.cn, xiaoban@tyut.edu.cn, xiaozhangxinxiang@mail.nedu.edu.cn, xinshan@bjmu.edu.cn, xjli@hnufe.edu.cn, xjtvgfwb@sina.com, xjzxjubao@163.com, xk@hbue.edu.cn, xnzfwb@swupl.edu.cn, xqwhy@whpu.edu.cn, xsdxbm@mail.xj.cninfo.net, xuebao@hnust.edu.cn, xueyuanwaishichu@yahoo.cn, xustzsb@163.com, Xxjiang@ncu.edu.cn, xxkhbl@qdu.edu.cn, xygbdst@qq.com, xywsc@idxy.cn, xzxx@mail.csu.edu.cn, xzzbs@yahoo.com.cn, yangtzenu@126.com, yanyping@fmmu.edu.cn, ycgbtvw@126.com, ycgbtvw@163.com, ycstvcom@163.com, ydyfy@yau.edu.cn, yeu@yeu.qz.fj.cn, yhchen@ujn.edu.cn, yinzheng@bisu.edu.cn, yixiong@huawei.com, yjsc@wh.sdu.edu.cn, yjwk@mail.ynau.edu.cn, yjzx@tijmu.edu.cn, ykt123@sohu.com, yongqingchen@yahoo.com, youcang@hdpu.edu.cn, ytwldst@126.com, yuangangoffice@hljucm.net, yufeigu@lctu.edu.cn, yuming@cubu.edu, yutcmwu@sina.com, yvetyin@126.com, yxglc05@163.com, yzm@nau.edu.cn, yzxx@bzu.edu.cn, zb@jstv.com, zb@xasyu.cn, zgzxyx@zg.org.cn, zhangwl@sust-edu.net, zhangxy@cufe.edu.cn, zhaohong@sxau.edu.cn, zhaosheng@eurasia.edu, zhaoshl@blcu.edu.cn, zhoushantv@hotmail.com, zhuxc@njupt.edu.cn, zhuzheng@njnu.edu.cn, zhzhu@shfu.edu.cn, zjsjx@zjncws.com.cn, zjtcmfao@mail.hz.zj.cn, zlzhu@issas.ac.cn, zoupinggdw@126.com, zsb@hrbcu.edu.cn, zsb@mail.luibe.edu.cn, zsk@lnu.edu.cn, zsp@cdut.edu.cn, zstu@zstu.edu.cn, zzbtv@zzbtv.com, zzlncm@163.com, sun bing , Zeyuan Wang


習近平国家主席殿、李克強首相殿、王毅外相殿
梁振英行政長官殿、林鄭月娥政務官殿
 その他中国政府・香港政府の幹部中共幹部 各位

[中共即時解体の勧め]

1 私を含め香港民主派を見守る国際社会は、後に記す中共統治の現状から照らして、中共が今回の香港デモを、武力により、またこれに欺瞞と謀略とを補いつつ鎮圧して、香港および中国本土における中共暴政が今後も継続しまたは拡大することを多大に憂慮しています。
といいますか、単なる多大な憂慮ではなく、国際常識人の視点で中共統治の現状を総合的に判断すると、中共が中国を統治する能力を欠いていることは明白であり、中共は、なるべく無血のうちでの迅速な解体以外に選択の余地はありません。

2(1) ちなみに、世界諸各国の首脳が、中共独裁政府に対して、中共解体を伴う中国の民主化等を促すことは、内政干渉に当たりません。

なぜなら、国連憲章は、その趣旨および目的として、「すべての者のために人権および基本的自由の尊重すること」を掲げており、中国政府も国内統治においてそのような条約上の義務を負っています。にもかかわらず、中共独裁政権は、次に示す中共統治の現状の通り、国内外において、重大な人権侵害を常態化させていて、このことは、「人権および基本的自由の尊重」を真っ向から否定するものです。つまり、中共、明確に、国際法上の義務に反しています。

世界諸各国の政府機関が、重大な人権侵害を常態化させている点で国際法に違反する中共に対して、中共によるその人権侵害を根本的に解消し得る一つの方途として、中共の解体を伴う中国の民主化を強く勧めることは、決して、内政干渉に当たりません。

(2)ア より詳細に、なぜ内政干渉に当たらないかを解説しますと、まず、国連憲章1条3項後段は、次のことを国際連合の目的の一つとして定めています。
「人種、性、言語または宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を尊重するように助長奨励することについて、国際協力を達成すること。」

ここにいう「国際協力」として、13条1項bは、総会が、次に示す「目的のために研究を発議し、及び勧告をする」ことを認めています。
「人種、性、言語又は宗教による差別なくすべての者のために人権及び基本的自由を実現するように援助すること。」

また、他の「国際協力」として、55条cは、国際連合は、「人民の同権及び自決の原則の尊重に基礎をおく諸国間の平和的且つ友好的関係に必要な安定及び福祉の条件を創造するために」、「次のことを促進しなければならない」ものとしています。
「人種、性、言語または宗教による差別のないすべての者のための人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守」

さらに、62条において、経済社会理事会は、「すべての者のための人権及び基本的自由の尊重及び遵守を助長するために、勧告をすることができる」こととしています。

イ これらの13条1項b、55条c、および、62条の規定は、1条3項後段の目的を達成する手段として定められたものです。

これら規定を根拠に、現実のところとして、国連総会は、所定の手続きを経ることによって、中国国民のために人権および基本的自由を実現するように援助することを目的とした研究を発議し、勧告をすることができます(13条1項b)。
現実に、経済社会理事会は、所定の手続きを経ることにより、すべての者のための人権及び基本的自由の尊重及び遵守を助長するために、勧告をすることができます(62条)。
また現実に、国際連合は、すべての者のための人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守を促進しなければならない義務を負っています(55条c)。

ウ 実態的には人権蹂躙を常態化させている中共に対して、上記勧告等が発動されるべき状況があることが明白です。
としても、中国は安全保障理事会常任理事国ということがあったり、国際関係上、中共と諸各国との間のパワーバランスは、種々あり得るところであり、実際に、国連機関が、中共に対して勧告等を採択しないことはあり得るものです。

ただ、とはいえ、国連憲章自体は、国連の重大な存在理由として、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重についての国際協力」を掲げているものとみるべきです。
また、そのような国際協力以前に、中共政府を含めた国連加盟国は、各国の国内統治において、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」に向け、欺瞞や謀略なく、誠実に努力する必要があります。

国連憲章が、各国の国内統治においても、「人権および基本的自由の尊重」に向けた誠実な努力を義務付けていることを前提としていることは、a. 国連憲章前文が次の通り定めていることと、b. この前文の背景に、国際社会が、「戦争は、自国民であっても他国民であっても、生命侵害を含む重大な人権侵害をもたらすからこそ禁ずべきである」という共通認識を有していることとから、国際常識に照らして明らかなことです。
「われら連合国の人民は、
われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い、
基本的人権と人間の尊厳及び価値と男女及び大小各国の同権とに関する信念をあらためて確認し、
正義と条約その他の国際法の源泉から生ずる義務の尊重とを維持することができる条件を確立し、
一層大きな自由の中で社会的進歩と生活水準の向上とを促進すること
並びに、このために、
寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに平和に生活し、
国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、
共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保し、
すべての人民の経済的及び社会的発達を促進するために国際機構を用いることを決意して、
これらの目的を達成するために、われらの努力を結集することに決定した。

よって、われらの各自の政府は、サン・フランシスコ市に会合し、全権委任状を示してそれが良好妥当であると認められた代表者を通じて、この国際連合憲章に同意したので、ここに国際連合という国際機構を設ける。」

エ 中共政権は、後に示す中共統治の現状から明らかな通り、香港にあっても中国本土にあっても、重大な人権侵害を常態化させているのであって、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」に真っ向から対向する方針で中国を統治しています。

国連加盟諸各国の首脳が、上述のような国連憲章上の国際協力に至る準備段階の行為として、国連憲章上看過することのできない中共暴政を是正させる有効な方途として、香港民主化デモを正当視してこれに対する揺るぎない支持を表明すること、延いては、暗に、中共独裁政権の解体を伴う中国民主化を促すことは、国連憲章上、奨励すべき行為です。

(3) 上記(1)、(2)の通りの中共による国際法上の義務違反またはこれに準ずる違反に対して、これに上塗りするかたちで、香港民主派デモについて、例えば、次の通り、李克強首相は、「内政問題」等と、また、王毅外相は、「海外諸国は内政干渉すべきではない」等と述べているようです。
李克強首相→ http://goo.gl/X7m6Hx
王毅外相→ http://goo.gl/eVOeHe

しかしながら、国連加盟諸各国の首脳等が、香港民主化デモを正当視してこれに対する揺るぎない支持を表明することや、中共独裁政権の解体を伴う中国民主化を促すことは内政干渉には当たらず、李克強首相、王毅外相等の発言はいずれも妄言です。

もし、習近平国家主席、李克強首相、王毅外相、梁振英行政長官、林鄭月娥政務官、その他中国政府・香港政府の幹部のいずれかが、a. 国連憲章における「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」の意義、中国統治における「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」の義務等を理解する知能、または、b.中国統治において、誠実に、「すべての者に対する人権及び基本的自由の尊重」を実践する意思を有しないならば、為政者に求められるべき資質を欠くものとして、例外なく、即時に、職を辞する必要があります。

(4)ア 中共は、迅速な解体が必要であるとはいえ、中共には、中国を統治する能力がないばかりか、中共自身を解体する能力がないといったこともあり得ます。

そこで、私から中共にお勧めするのは、国連憲章第12章にいう国際信託統治制度かこれに類する措置の利用です。
私は、専門家ではないので、明確には断定できませんが、ざっと12章の条文を確認する限りでは、中国は、国連から脱退しさえすれば、国連を施政権者として、信託統治制度かそれに準ずる措置を国連にお願いするといったことが可能なはずです。

イ とはいえ、それ以前に、中共幹部は、中共自身に統治能力がないということを十分に自覚して下さい。
つまり、中共は、次の中共統治の現状の通り、独裁人治によって、「中国憲法の趣旨を恣に歪めて解釈するものであって、国内法も国際法も誠実に遵守する意思を有しておらず、それら暴政から、これと同様に、暴力・欺瞞・謀略に満ち満ちた中国社会を形成することとなっている」ことを十分に自覚して下さい。

私の率直な評価では、モラルなき中国は、国として、体を成しておらず、最早、国連、先進国等の強力な助力なしには、平穏に、国としての体裁を整えることはできません。

中共は、それらのことを十分に自覚した上で、これ以上、暴政を継続して中国国民を苦しめ続けることを恥じ、即時に、中共解体を宣言しつつ中国の統治権を国連等に譲るべきです。

中共統治を賞賛する者が、中共党員か、香港アクション映画俳優等の民主化を阻む中共家畜等を除いて存在しますか?
世界諸各国の首脳その他の外国人から、中共に対する批判が多ければ多いほど、中共幹部は、中国統治の根本的な問題を解決する必要があること、また、解決不能であれば、中共解体を急ぐ必要があることを自覚して下さい。


-------------------------------------------------
[中共統治の現状]

○中共は、非武装の学生・市民等を31978人以上殺戮した天安門大虐殺における、首謀者 鄧小平やその周辺関係者の対応につき、究明した事実に関する評価を下していないか、それら評価を公表していないため、中共は、天安門大虐殺の惨事を繰り返す可能性があります。
   天安門大虐殺→ http://goo.gl/NdKGJK

○中共は、ウイグル人・チベット人・南モンゴル人を自国民と考えているのか、他国民と考えているのか不詳ですが、民族浄化と称したジェノサイドの実行は、人権蹂躙の程度が最も甚だしいものであり、国際正義・国際常識からいって、それらは到底、許されるものではありません。
仮に中共が彼らを自国民とみているのであれば、政治上も漢族と同等の扱いをする必要があります。また、もし中共が、彼らが他国民であることを認識しているであれば、中共は、それら既に侵略している各国領土を放棄して、各国領土に存在する理由のないすべての漢族等を各領土から去らせなければなりません。
   ウイグル・チベット・南モンゴルでのジェノサイド→ http://goo.gl/edi7g6

○中共は、沖縄に対する侵略工作を進めており、韓国・北朝鮮・台湾・香港・モンゴル・ベトナムその他の周辺国でも、同様の侵略を試みているものと推測されます。
沖縄の政治家や報道機関の買収を含む謀略を用いて領土を拡張しようとする中共の試みは、到底、許されるものではありません。
   沖縄を始めとした日本侵略、日本での対中国印象操作等→ http://goo.gl/DQumSW

中共による他の対日謀略として、南京大虐殺の捏造が挙げられます。
   南京大虐殺捏造→ http://goo.gl/l5wUxJ

○中国政府の一部である香港政府は、一定の自治を認められているとはいえ、習近平の率いる中共の指揮下に組み込まれているはずです。
中共による中国統治が、中国建国当時から、暴力・欺瞞・謀略に満ち満ちたものであることについては、その歴史の真実が語るところです。
   中国近現代史の真実→ http://goo.gl/VuRG5W
   (その中国語版→ http://goo.gl/hm8KI3)

中共がこのまま、暴力・欺瞞・謀略の手段を用いつつ香港民主化デモを鎮圧するようなことがあると、中共暴政は、いずれ、香港において、表現の自由や、思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由、営業の自由、人身の自由、法の下の平等等を失わせることは目に見えています。

○中国国内における政治家・官僚への賄賂供与の常識化という中共統治の腐敗によって、環境破壊、食品の非安全、教育の劣化等を招くこととなっており、また、中国官僚の出世欲による膨大な不動産バブルの形成によって、これがはじけることを引き金とした経済崩壊の危険を生じさせています。
   政治腐敗、中国経済崩壊、環境破壊等→ http://goo.gl/LuDicp

○中共は、天安門大虐殺、他国民ジェノサイドばかりでなく、臓器狩りといった人命換価をも許容し正当化する重大な人権蹂躙をしてきた事実があります。
   法輪功学習者、死刑囚等からの臓器狩り→ http://goo.gl/TC5YrR

また、中共は、新疆等において、凌遅刑といった残虐な刑を執行していると聞きます。
   凌遅刑を表すツイート画像【閲覧注意】→ http://goo.gl/Eu8iP3

○特に、中共統治は、法治を志向せず、人治によるものとなっています。
中国憲法序章にある「社会主義の革命と建設のために中国共産党に指導を仰ぐ」旨の記述が、人治を許すこととなっています。

毛沢東に法的素養がなかったためと聞きますが、そのような憲法序章の記述が、現在の中共暴政による大多数の中国国民の多大な不幸を招来しています。



MickyTheMiracle < miracletoypoodle@gmail.com >








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック